ヒ直恐怖症 いつもの更新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつもの更新

CSタイタン何も出来てませんでした。終わり

先週タイタンは浄化賛歌でサッコぶっぱ捌けてるすげえ!だったけど
今週は何故か退魔リーバ入りで構成の地力を落としてまで
ぶっぱを止めに入っていたのが気になる所。
魔女入りだと耐え切れないのか、
或いは元々浄化賛歌だけでは受けきれない何かがあるのかも。
寝ぼけてたのでちゃんと見れてなかったです。はい。




<チラ裏>

装備差について。

武器の火力についてはNでも10でもそんな致命的な差は出ない。
(そもそも審判も+3ぐらいまでならそんな酷い金額にはならないしそれぐらい揃えたい)

アバターは別格。


基本的に差が出るのは耐久面の方。
剣傭兵に至っては審判Nだらけと審判10+生命剣10やら何やらでHPに2万近い差が出る

例えば槍3構成を相手にする場合、
HPが2万あればガード維持で槍の攻撃を4~5手ほど耐えうるので
前列から下げて回復しなければならないタイミングに2~3ターンほどの差が出る
その差を移動や回復、ガード回し等で埋めねばならないとなれば対戦全体に明確に影響が出る。

遠距離傭兵にしてもHPで1万以上の差が出るので
単純に弓ヒや砲ヒに吹き飛ばされるまでに2~3手、大体1~2ターンの差が出る。
やはり対戦の流れに影響は出るが
近接と比べると単純にターン数の影響の少なさに加えて
前列を崩される事による行動の自由ロスみたいなのも無いので
物理面での耐久性で見るならば前列近接よりも比重は軽いんじゃなかろうか。

末裔杖やムイ入りに対しては
近接だろうが遠距離だろうがHP多い方が有利なのは当たり前
1回サッコ強打の顔面ブロックを許されるぐらいの差とかゲーム左右するに決まってる

とまあ、装備がいい方が有利な点が多いのは明らかなんだけど
何をもって装備差が大きく対戦に影響したと言えるのかは対戦の内容による。

何だかんだでこのゲームはキャラ性能を含めた構成相性と
お互いの構成に合わせた立ち回りに左右される所が割と大きく
装備差による影響はせいぜい3割って所だろうか。
3割は十分デカイけど。

装備差によるアドバンテージが数値として出ているのだから
こいつは装備だけで勝ってるだの、別に装備差関係ないだの言うなら
対戦動画をそれなりの数だけ検証して主張の裏付けをきっちり説明すべきじゃないですかねー

俺はそもそも腕も実績も足りないし
時間とかをかけた分だけ優位に立てるのは当然だろ、って思うので別にどーでもいいです

</チラ裏>
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
プロフィール

暇士

Author:暇士
アマリネージュ産がっかり対人マシーン

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。